FrontPage

VMWare Player

VMWare PlayerのゲストOS(Linux)にWindowsからSSH接続する

vmnetcfg.exeで設定する。ただし、VMWare Player version 3 から、デフォルトで このツールがインストールされなくなったので、次のブログ記事を参考にすること。

http://lasaya.blog129.fc2.com/blog-entry-11.html

魚拓は、以下のとおり

そのやり方を調べていると、vmnetcfg.exeを使うとできるようだ。 しかし、VMWarePlayer3.0からこのexeがインストールされなくなったそうだ。 さらに調べてみると、インストーラーには含まれているという情報をゲットした。 まず、インストーラーを適当なフォルダ(ここではc:\tempとする)に置く。 コマンドプロンプトで次のコマンドを実行する。

cd c:\temp
VMware-player-3.1.2-301548.exe /e .\extract

↑ インストーラーのexeファイル名はご自身の物に合わせて変えてください

すると、インストーラーの中身がc:\temp\extractフォルダに展開される。 この中のnetwork.cabにお目当てのファイルがあるので、さらにコマンドプロンプトで解凍する。

expand .\extract\network.cab -F:vmnetcfg.exe .\

これでc:\tempにお目当てのファイルが解凍される。 こいつをVMWarePlayer?がインストールされたフォルダに移動してexeをたたけばOK。

うちの環境ではホストOSとゲストOSをNATにしている。 ネットワークの構成についてはこちらのサイトがお勧め

http://www.ukkii.com/vmware/VMnet_Tips/VMnet_Tips.html

魚拓こここまで

  • VMWare Playerの5.0では、VMWare Workstation 9.0からvmnetcfg.exeをとる必要がある

http://hayajo.hatenablog.com/entry/2012/08/27/104311

その後は、次のページを参照すること。

http://nhh.mo-blog.jp/ttt/2005/11/vmware_natssh_3905.html

ゲストOSのIPアドレス

最初は、ゲストOS(Linux)で、ifconfigした時のアドレスでSSH接続ができたのだけど、 勝手にVMWare Playerがバージョンアップしてからは、Windows側のipconfigコマンドで 表示される、VMnet1のアドレスで繋がるようになった。

ゲストOSのHTTPに接続

会社などでプロキシサーバを利用しているときは、プロキシの例外設定に 192.168.32.1などを書くのを忘れないように。もちろん、httpdをスタート しておくのも忘れずに。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-29 (月) 21:41:07 (1269d)