FrontPage

Cygwin

Cygwinは、Windows環境でUNIXのコマンドを実行するツール。 WindowsのDOS窓をUNIX化すると思えばよい。

http://cygwin.com/install.html

上記のインストールページから、setup.exeを実行すれば良い。 setup.exeはローカルのダウンロードフォルダに格納される。 Cygwinのモジュールを追加する際は、このsetup.exeを再度実行すれば良い。

Cygwinで入れておくべきモジュール

Cygwinのsetup.exeによるデフォルトでは、モジュールは最低限しか入っていない。 そのため、次のモジュールは最低限入れておくべき。

  • vim (Editorにある)
  • openssh (Netにある)

vimなど、エディタが使えないと不便。あと、Cygwinは、主に Linuxマシンとの間で、scpやsshでコピーするのに使うため、 opensshも推奨。

Cygwinから参照するWindowsのユーザーディレクトリ

Cygwinのコマンドプロンプトから、Windowsのドライブは次のPATH(ディレクトリ)で 参照できる。

/cygdrive/c   ← cがドライブ名

/cygdrive/c/Users/username/Downloads  ←WindowsのユーザIDがusernameの場合、ダウンロードディレクトリ

TeraTerm?とCygwin

TeraTerm?の機能である、Cygwinに接続からCygwinのコマンドプロンプトウインドウを使うと、漢字コードや改行コード、フォントや背景色などが指定できるので便利である。

CygwinのUNIX系コマンドはUTF-8, /cygdrive/c 以下のWindowsのファイルシステムはSJISなので注意

CygwinでEmacsを使う

Editor,GNOME,Graphics,Python(これは余分だが),X11をInstallに変更する (Windows 8 環境)

→ EditorだけをInstallにした時と同じエラーは出たが、Emacsは使えるようになった。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-29 (月) 21:41:06 (1274d)